hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

グルめぐり、とか。

北上して遊ぶことが多く、出歩くグルメもそっちの方面になりますな。

 

f:id:northern_sunny_sky:20180326213906j:image

とある週末の、お昼ごはん。

士幌町の「祥」でとんかつ(ヒレ)

めちゃウマ。

食べきれる気もしたけど、とんかつの枚数とごはんは減らしましたよ。

 

f:id:northern_sunny_sky:20180326213926j:image

士幌町の平和園で焼肉ディナー。

私はクッパが好き!

 

ここから写真二連ちゃんで、また別の週末に行った、本別の浮舟。

f:id:northern_sunny_sky:20180326213941j:image

グツグツさせながら登場した溶岩のようなトンテキ。

そして

f:id:northern_sunny_sky:20180326213954j:image

豚肉生姜焼。

この量も、生しょうがでさっぱりといただけますし、なんなら、この生姜だれだけでもごはんが進みます。

 

そして、とある日に食べ比べしたのは、前々からの課題であった、羊羹。

f:id:northern_sunny_sky:20180326214023j:image

泣く子も黙る、とらや。

そして岡女堂。

 

f:id:northern_sunny_sky:20180326214044j:image

 

f:id:northern_sunny_sky:20180326214057j:image

 

・・・照りからして、もう違う。

確かに、岡女堂のは私がズボラしてうまく包装を開けられなかった。

でも、この照りはそれ以前のもの。

ちなみに、とらやが一本300円くらいで、岡女堂が200円くらい。

味わってみると、小豆の濃度と食感が違う。

いや、もう全てが違う。

ここまで照り照りにさせつつ、豆の濃い味もさせつつ、この絶妙な歯切れの良さ。

一体とらやの技術って、なんなんだ??

 

という、たわいもない食べ比べをやってみた、のでした。

 

とらや、万歳。