hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

11月の土曜日、16時。

11月三連休。

朝は雨だったけど、昼過ぎには太陽も出てきて、いまは夕焼け。

 

16時で、夕焼け。

 

日没が早くなったなぁ。

 

薄暗くなった部屋で、照明も点けずに窓の外を見ると、夕焼け色の空と、ヘッドライトを点けた車が一台。

こういう時間は、荒井由実の「さみしさのゆくえ」がいいんです。

ちゅーか、荒井由実は晩秋の午後にぴったりです。

 

この曲、ときどき口ずさむから気になって曲名調べるも、鼻歌するたび毎回曲名を調べて毎回忘れるw

 

この曲の私のイメージの中にある「木立」を画像化しようと、グーグル先生に検索をお願いしてみたけれど、木立にもいろいろあるなぁ、と。

いまいち私のイメージする木立が出てこない。

一枚、ヒットしかけたけど、霧みたいのが少し出てて、怖さがちょっとあったのが余計だった。

私が探しているイメージは、もみじとか紅葉の美しさはないけど銀杏の木はあってもよくて、ただ茶色く枯れた葉がついているのがほとんど。整った林か公園で、午後も遅めの光で、空はできれば曇りがち、全体的に陰鬱としているけれど、怖さとか怪しさはまったくなくて、カナダとか北海道みたいなワイルドさとか木々の形態の美しさはなくて、”根”はサッパリしている木立、なんだな。

説明が足りんな。

 

ところで、10月下旬から体調は絶不調。

晩秋BBQの弟子屈には体調悪化の隙間をぬって到達できたけど・・・

 

原因はわかっているような、わかっていないような。

横になったらいくらでも寝られるので、どんどん寝たいと思います。

月曜から仕事復帰できるのか、、、いや、復帰しないとあとあと自分の首絞めるだけなのだ。

あと1日半、がんばってゴロ寝したいと思います(`・ω・´)ゞ