hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

「逃げるは恥だが役に立つ」(ネタバレ?)

"Szégyen a futás, de hasznos"

逃げるは恥だが役に立つ」という意味のハンガリー語のことわざらしい。

それにしてもグーグル先生、実は日本語翻訳が苦手なようで、翻訳をお願いすると、

 

ラン恥を知れますが、便利な

 

と返されました。 

いや、これに限らず、グーグル先生はたいがいビミョーな日本語になって返ってきます。ちなみに、エキサイト先生だと、

 

恥が、実行時に、役に立つ

 

って、まだ成り立ってる気もする。

 

 

さて。本題。 

f:id:northern_sunny_sky:20161123013608p:plain

さて、ドラマのお話。

第7話を見終えて、次回第8話まであと6日もあるのかと思うと、、、身悶えます。

どうしてくれよう(*´з`)

ドラマが完結してからレンタルで一気に見るべきだったかと後悔するほど。

 

今回は、みくりさんと平匡さんがそれぞれ「好きの嵐」に悶えてる様子が良いです(*´з`)(*´з`)。その様子を見ていると、「あぁ、恋愛するってこんなんだったっけな」と懐かしくなります(遠い目)。

 

f:id:northern_sunny_sky:20161123014352p:plain

これはやばいよねw

って、このときのやりとりも最高におもしろいんだけど。

 

f:id:northern_sunny_sky:20161123020315p:plain

この平匡さんの表情がいい(*´з`)

みくりさんの葛藤はわかりやすいけど、平匡さんの葛藤は「へー(驚)」です。

 

「プロの独身とは、人を簡単に好きにはならないし、発展しない。むしろ発展させないことが重要だ。」(平匡さんモノローグより)

 

っちゅーことは、私もプロの独身じゃないか!

目指すはゆりちゃんか。

 

それにしても、先週話くらいまでは、なんとか持ちこたえていたけれど、ちょっと今回あたり、平匡さんという役柄を超えての”星野源”に陥落しそうになっている自分がコワイw しっかりしろ、ジブン!なんて。

 

星野源の「恋」もいいよねぇ~。CD欲しいんだけど、まだシングルなんだよね。

早くアルバム出ないかなー。そしたら買っちゃうな☆

 

というわけで、radikoタイムフリーの「星野源オールナイトニッポン」を聴きながら、ハードに勤労してきた11月のジブンを労り、就寝することとします(*´з`)

 

http://radiko.jp/#!/timeshift

 

明日はパンケーキでも焼こうかなー。

おやすみなさい☆

 

tver.jp