読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

間違いない。その2

ようやく、日曜日におニュー(死語)の炊飯器でお米を炊きました。

プラチナコートを存分に活かした、「もちもち」コースで初運転!

 

いつものお米でいつもの洗い方、いつものセットの仕方で炊き始めると、「77分」という表示が。

77分後にはあのフツーのお米がどんなんになってるんでしょう?

 

マイコンジャー時代と同じ象印製品なので、チャイムが同じです。

キラキラ星♪で炊き始め、アマリリス♪で炊き終わる。

マリリスが鳴り終わって10分くらいか、自分の用事(納豆をとく)が片付いて、いよいよごはんを食べる準備が整い、お釜を開けてみますと、そのへんは特段変わったことはありません。ごはんの香りは今までよりも良いかも?ってなくらいでした。

 

が!

 

そのごはんを一口食べてみると、、、なんということでしょう!!

中居くんがATSUSHIになったで!ってくらい、ウマくなった。

ウマい違いだけど。

 

とにかく、今までのと同じお米とは絶対に思えない、モチモチ感。甘み。舌触り!

うるち米がもち米になったかと思うような、むっちりモチモチな世界!

うまーべらす!なのです。

 

見た目は別にすごくもないので、とりあえず写真は撮ってないんですが(撮る間も惜しくむしゃむしゃ食べましたw)、味がすごいわ。いやー、ごはん革命。

やばい。

ごはんのおかず、いらない。精白米だけでしばらくイケる。

つまり、太る・・・。

ま、いっか。

 

というわけで、やはり高い炊飯器にはワケがある、その価値があるんだっちゅーことを知りました。

良い買い物をしました~☆