hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

半年ぶりに東京へ

f:id:northern_sunny_sky:20151213215923j:plain

12月になりましたねー。

途端に仕事が忙しくなりましたが、所用があり2泊3日で東京へ行ってまいりました。

懐かしいなーと思いましたが半年ぶりになると、結構新鮮な感じもありました。

 

まず、京急に乗りましたが、ドアが開くたびに下水の臭いがする…みんなフツーの顔してるけど、これって日常だったっけ?

京急は何度も乗った路線だけど、かつては気付かなかった。ちなみに、十勝は下水の臭いがすることはかなり稀ですが、堆肥の臭いは東京の下水の頻度と同じくらいあるかもしれませんw

 

まずは一路、八王子へ向かう。

そして、夜22時になっても人が多い!明るい!徒歩圏にマンガ喫茶がある!カラオケ屋さんがある!

誘惑が多い・・・明日結婚式じゃなかったらたぶんその辺に行って遊んでいたに違いない。

f:id:northern_sunny_sky:20151213220334j:plain

そう、今回の東京行きは学生時代の友人が結婚式に参列するためなのでしたー☆

幸せそうな友に乾杯!

そして、私を含む新婦友人4人が皆もれなく独女であった。すげー楽しかった^^

 

f:id:northern_sunny_sky:20151213223419j:plain f:id:northern_sunny_sky:20151213223425j:plain

その後、駅ナカで買い物したり、懐かしい路線に乗ってかつての生活を思い返したり、甥姪に会ったり、名刺印刷したり、夜中でも徒歩圏で用事を済ませられる都会の便利さを堪能しつつ、反面、都市部の怖さも垣間見たり。

宿のある地域の治安がかなり悪く、宿まで行く途中、信号無視した歩行者を注意するパトカーの口が悪い。悪いのは歩行者なんだが、こわい。客引きもウロウロしているし、巡回しているパトカーもこわい。街が殺伐としている。私が遊んでた頃より悪化しているような…。

 

そんなこんなで、翌日はまた大忙し。

まずはまちのパーラーで朝ごぱん。パーラーのパンの独特な香り!

f:id:northern_sunny_sky:20151213221430j:plain

しーあーわーせー。

お店を出るとき、パンを山盛り購入^^

店員さんとお喋りしたり、ほんわかパーラー、しあわせタイム。

次は初台へ移動!

目的はただひとつ!

しかし・・・

f:id:northern_sunny_sky:20151213221603j:plain

お店の前に人だかり。

嫌な予感。

 

案の定、お店の中も外も、大行列。

Sunday Bake Shopはいつのまにやら人気店になってしまっていたようで、こんなことなら9時開店狙いで来たらよかった・・・1時間も待ってる時間的余裕はなかったので、あきらめて移動!

うーん。

新味開拓にはモッテコイのお店だったのになぁ。残念無念。

営業日が少ないので、難易度高いお店なんだよなぁ。くーーー!

 

次は池袋経由で品川へ移動!

f:id:northern_sunny_sky:20151213221935j:plain f:id:northern_sunny_sky:20151213221943j:plain

とあるところへ行く途中に見つけた、ちょっとオサレなおうち。

特に左の写真の家は、なんかイイ!

こういう建物は大事にしないといけません。

いいなー。

中はどんな風になってるんだろう。

右の家は玄関のドアの大きさがいいし、平屋っていうのもいい。

 

次は、東中野へ移動!

f:id:northern_sunny_sky:20151213222123j:plain

能を観に行ったのでした。

ワタクシ、人生初の能です。

なぜ能を観たくなったのか、わかりません。

たぶん私がようやく能を観るにふさわしい年齢になったのでしょう。

それにしても、ここに至るまでのスケジュールが過密すぎたので、鑑賞中に寝るんじゃないかと心配でしたが、大丈夫。多少うつらうつらとしましたが、鉢木の後半は盛り上がってきましたので、しっかり見れました。

笛とか鼓とか、発声とか、いやー、新鮮。

おもしろい世界!いや、色々な約束事とかまったく知らないし、いまも知らないまんまなんですが、なんか面白かった。

しかも、役者に若者が数名いたのも印象的だったし興味深い。おじいさんばっかりだと、遠い世界に感じてしまうけれど、若者がいるって大事だね。興味が湧くし、親近感あるよね。

f:id:northern_sunny_sky:20151213223308j:plain

紅葉狩も最後まで見たかったけれど、飛行機の時間があったので、最初の30分くらいだったかを見て、退席しました。とても残念。チラシにあるような若女のお面の人が6人だったか8人だったか、いっぱい出てきて、着物は美しいし見ごたえある舞台だったのに。鬼になるところ観たかったなぁ・・・

若女のお面て全部似たような顔してるのに、1枚1枚微妙に表情がちがうんだねー。どれも同じような微笑みをしているのに、不幸顔っぽいのもいれば、チャラそうなのもいるし、几帳面そうなのもいるし、のんびり屋さんぽいのもいるし、美人もいる。お面にしてもまた奥が深いのぅ。冬休みになったら復習兼ねて「花よりも花の如く」(能を題材にした漫画)読むんだー♪楽しみ。

さて、舞台鑑賞に来てる人の平均年齢は65とかじゃなかろうか。着物人口も多い。東中野を降りて着物を着ているご婦人のあとをついて行ったら会場に無事着いた。チラホラ外国人の方もいまして、能は世界無形文化遺産だということで納得ですが、はたして彼らはストーリーを理解できるのであろうか。ヨーロッパでいうオペラみたいな感じかな。オペラ好きな日本人はまず能を観なあかんな。

あ、あと能を観たら、ふと演歌ってなんだろうっていう興味というかルーツを探りたくなったというか、思考がそんな風に脱線したりしました。能とは無関係なのだろうか。

いや、演歌にハマるつもりはさらさらないのだが。

 

f:id:northern_sunny_sky:20151213223855j:plain f:id:northern_sunny_sky:20151213223908j:plain

で、最終便で十勝に戻ってきたのでした。

飛行機が遅延して19時半に閉店する六花亭空港店で受け取る予定だったおやつ屋さんがどうなるか危ぶまれましたが、そこは田舎。そこは帯広。空港のお姉さんが私の代わりにスーツケースを受け取っておいてくれたので、私はおやつ屋さんをダッシュで受け取りに行けたのでした。なんと融通のきく、個別対応^^

しかも、十勝バスに乗ったらあたりは暗闇。

なんと落ち着くことか!

この暗闇!

この静寂!

たまの東京は便利で刺激的で楽しいけれど、あんなに疲れる街はない。

いやー、いままでよく遊んでたのになぁ・・・。へんてこな感じ。

そういえば、栃木の田舎に移住してった弟その2も同じようなことを言ってた。

 

ちなみに、ダッシュで受け取ったおやつ屋さんですが、私の中のおやつ屋さんベスト2015がひとつも入ってなかったので、12月はイケてないと思いました。ぶーぶー。

 

というわけで、2泊3日の東京滞在リポートおわり。