hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

映画三昧の日々

もう8月ですか・・・。

一昨日は夜8時過ぎても30℃を下回らず、暑い1日でしたが、一転、今日は23℃を切りました。肌寒いほどです。すずしーぃ。

 

最近やってることは、映画鑑賞。ひたすら映画三昧。平日も仕事から帰って2~3本見たり。でも、それももう終わり。

f:id:northern_sunny_sky:20150807100254j:plain 先日は「幸福の黄色いハンカチ」を観ました。

既に何度か見たことがある映画だけど、あらためての鑑賞。ストーリーがわかりやすいし、健さんかっこいいし、ワタクシかつて倍賞千恵子に似てると言われたこともありました。しかしよく見てみると似てないと思いました。誠に恐縮です。

映画は、健さんご一行の道内ロードムービーなわけですが、帯広に寄った時、チンピラに絡まれてすぐ帯広を出て行ってしまったので、「帯広エピソードどうなの」と思いました(^^;

おそらく西2条を北から十勝川を渡って(昔の十勝大橋?)街中に入ってきたと思われる絵があって、かつて街中にあったというイトーヨーカドーのハトの看板がどーんと映ってた。映画鑑賞とは別に、この時代の街中の様子をもっと見たいぞ、と思いました。

あと気になったのは、健さんが機嫌が悪かったりイラッとした時、物やら人に当たること。九州男児の炭鉱夫だからってケンカっぱやいというか、いくら頭にきてたからって首ねっこ掴んで頭をコンクリートに打ち付けるって、セルフコントロールできなさすぎ。あと倍賞千恵子に恋したからって彼女が乗ってるバスを追いかけるってなんか怖い。それを「おれは不器用」の一言で片づけるのは、健さんダメです。特に暴力の方は意識して直していかないと、カウンセリングものです。・・・とか冷静に見てしまった(^^;

あと、夕張に向かう道のりで健さんが怖気づいて武田鉄矢を脅す口調で引き返したものの、桃井かおりに説得されてまた夕張に向かうっていう一連のくだり、私の中の観客100人が総ツッコミしました。「健さん、情けない(笑)」肝心な時に小心者になっちゃって、ブチ切れた時はやりすぎるくらいなのに・・・アンバランス!

でも、この映画はそういう細かいところは抜きにして、好きです(^^)

あれこれ書き過ぎましたが、健さんかっこいいし。

 

そんなこんなで、良作・不作の映画も含め、30本くらい見たかなー。

ショーシャンクの空に」「グッドウィルハンティング」「ボーンアイデンティティー」シリーズ、「イエスマン」「アバウトアボーイ」「愛する人」「バックトゥザフューチャー」シリーズ、「おおかみこどもの雨と雪」「猟奇的な彼女」「草原の椅子」「東京家族」など。

ショーシャンクは何度も見てるけど、何度見てもいいなー。

マットデイモン、すてき。イエスマンの超ポジティブなストーリーも好き。

「バックトゥザ~」は、デロリアンに乗って行く未来が「2015年10月21日」ってのがある意味衝撃的。映画が公開された時代に想像していた2015年が実際とは違いすぎて。

 

そんな映画三昧の日々も今日明日で終わりです。映画観始めると2時間近く画面から離れられないので、この2週間のThings to doがまーったく終わりませんでした。

今日から夏休みなので、こまごまとしたこと、片づけていかなければ。

ではまた!