読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

雨の日の映画三昧

huluで2週間無料視聴キャンペーンをやってるということで、今週末は映画三昧にしてみようと思います。雨が降ったり止んだりだしね。ちょうどいい。

 

今日観たのは・・・

 

きみはペット」(韓国版)

ジェーン・エア」(2度目。お気に入り^^)

「1941」(なんかよくわからんかったので、途中寝てた)

舟を編む」(★5つ!)

 

f:id:northern_sunny_sky:20150725213644j:plain

舟を編む」がすごく面白かったー。

このチラシ、そういえば大学の廊下に貼ってあったなぁ。

 

感想というより、鑑賞後の所感。

ここ何年か自分の語彙力・表現力の低下にうすうす感づいていたものの、気づかないフリしてましたが、この映画を見てあらためて危機感。さらに、馬締ちゃんのコミュニケーション能力の低さ、笑えない^^;

うーん。

語彙力と表現力の低下は読書が足りないせいかもしれない。

コミュニケーション能力が低いのは、家にこもって映画ばっか見てるからかもしれない。人付き合い、面倒くさがってるからかもしれない。いや、物事を整理して考えを深めることを怠っているからかもしれない。

 

なーんて、いろいろ思って、エンドロールに「原作者:三浦しをん」を見つけたので、とりあえず、上記の対策として、三浦しをんの本をもっと読もう!と思ったのでした。

そういえば、二度目の学生時代に『格闘する者に○』を読んで、拒絶反応が出ない文章と個人的HITな作品だったのを思い出す。学校の図書室が結構充実していたのもあって、2年後期はいろいろ借りて読んでいたのになぁ。引越ししてから全然読まなくなった。

言葉の海。大渡海!

いま私が泳いでる規模は、水たまりくらいだなー。

 

それにしても、今の私は何かに引っかかっているんだよなぁ。それもちゃんと原因を向き合って考えないから、なんとなくやり過ごして出来てる(ように見えている)だけであって、肝心なことのような気がする。

 

こんなことではいけない。

コミュニケーションの問題だけじゃなくて、いろいろです。

有言実行になるかわかりませんが、”有言”の前段階の危機感と、とりあえずの対策について考えた土曜日でした。

 

馬締ちゃん役の松田龍平さん、見ててなんだか落ち着く。ミズタク役も「探偵はBARにいる」の相棒役も好きだなー。冷めてるのに熱い!という矛盾が役の中に成り立っている。(相棒役は「冷めてて冷めてる」かもわからんケド。)

 

次はなんの映画みようかな~。あと2本くらいは見れるかも!

See you!