hi-magine in TOKACHI

北海道で暮らしはじめたワタシの日記

点灯式

本日、10月19日、今年度の点灯式を執り行いました。

f:id:northern_sunny_sky:20171019205345j:plain

去年は20日、一昨年は24日。

年々早くなる・・・

 

10月入って、室内の温度計が20℃を下回ってくるとストーブ点けたくなりますが、一度点けると最後、4月まで点けっぱなし状態になるので、せめて点灯式を遅らせようとしておりました。

が、本日来客もあるということで、言い訳もできた(^皿^)

4度目の冬の始まりです。

 

今日の天気予報で最低気温が-2℃だったか、今朝は車のフロントガラスがうっすら凍ってました。

f:id:northern_sunny_sky:20171019205338j:plain

始まったなぁ~~~

寒い季節が。

 

例年になく、今年はなんだか寒さが身に沁みる。

脂肪が増えたから?

精神的なもの?

わかりませんが・・・寒いもんは寒い。

 

今週末の雨はみぞれになったりするかしら?

そろそろタイヤ・ワイパー交換、しないとな~

 

 

そうそう。

今週末は衆議院選挙です。

期日前投票を済ませたので、当日はノンビリするつもり。

f:id:northern_sunny_sky:20171019210557j:plain

先日の新聞で、各党代表の演説内容の内訳が出てた。

森友・加計、アベノミクス北朝鮮憲法関連・・・大事。どれも大事。

だけどもう一つ大事な項目・皇室の後継者問題を忘れてないかい?

国民投票にでもするつもりならいいけど、演説内容にどこも触れないっちゅーのはどないするつもりなの。

 

最近、気持ちが疲れてしょうがない。

でも、部屋の中が寒いから早く布団に入る癖がついて、夕食も風呂も済ませて20時台には就寝態勢って感じで、気持ちの疲れを睡眠時間の長さでようやく補っているという感じ。

 

というわけで、明日は金曜日。

1日、がんばります!

 

 

通販生活~愛媛県産の生栗3L

十勝のスーパーではあまり見かけない「栗」。

去年は栗なしで秋をスルーしましたが、今年も秋だからといって視界に栗が入ってくることもなく。

それでも気温が下がり、木々が紅葉し、金木犀の香りがせずとも、脳が「栗食べたい!あんた好きだったじゃん」ということを思い出したようで、今年は能動的に栗を探しにいきました。

探しに行きました、ってネットサーフィン→通販、ですけど。

 

私が買ったのは、こちらを3kg↓

item.rakuten.co.jp

 

注文してから1週間しないうちに届きました。

f:id:northern_sunny_sky:20171016194859j:plain

どーん♪

テンションあがるーーー!

東京時代でもこんな立派な栗は見たことない!!

f:id:northern_sunny_sky:20171016194945j:plain

こんなでっかい栗を茹で栗にして食べるっていうのは、贅沢すぎやしないか?

茹でちまうのもなんだし、せめて蒸し栗にするか・・・

いや、こんな立派なお栗様に、なんだか申し訳ない!

 

f:id:northern_sunny_sky:20171016195124j:plain

とりあえず、3kgもあるし、冷蔵保存しよう。

 

ビニール袋に入って汗かいてるので、

栗の保存方法と賞味期限は? | 保存方法まとめ隊

こちらを参考にしながら、栗2kg弱を保存することに!

まずは天日干しして、乾燥させて、乾いた新聞紙に包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の一番冷えるところへ。(うちはチルド室がないけど)

 

で、冷蔵保存しない栗は・・・

 

f:id:northern_sunny_sky:20171016195434j:plain

熱湯を沸かし、ボールに入れた栗を浸水!

30分ほど浸水させて、水がぬるくなってきたころに、鬼皮剥きを始めました。

鬼皮剥くのが一番たいへんなんだと思ってたけど、浸水しておけばそうでもないんだということが分かりました。

 

で、鬼皮向いたのが、これ(↓)

f:id:northern_sunny_sky:20171016195450j:plain

(いま思えば、この時点でもう少しきれいに鬼側やらを剥いておけば良かった・・・)

ここから、シブ抜き工程。

 

どんどん灰汁が出てくる。

f:id:northern_sunny_sky:20171016195755j:plain

重曹小さじ1入れて、ぐつぐつ・・・

1回目の茹でこぼしが終わった後の、筋の整理が一番面倒だった。

 

f:id:northern_sunny_sky:20171016195901j:plain

計3回茹でこぼしたけど、真っ黒い液体になります。

栗、すげぇ・・・。

でも3回目終わった後味見したけど、見た目ほど、そんなに渋くないです。

 

新たな水分に、栗が浸る程度の水に対して300gないくらいの三温糖を入れて、ぐつぐつ。ほんとは栗の重量と同じくらいの三温糖がいるっていうことなんだけど、三温糖の在庫がなかったのと、300g入れた時点で、これ以上甘くしてはいけない気がする・・・結果、三温糖約300g。

 

f:id:northern_sunny_sky:20171016200156j:plain

これが出来上がり直後。

 

f:id:northern_sunny_sky:20171016200224j:plain

これが冷まして一晩常温→冷蔵庫で保存したもの。

 

f:id:northern_sunny_sky:20171016200320j:plain

甘すぎず、ちょうど良い!

 

滅菌した瓶に汁ごと入れて、保管してます。

入りきらなかった栗は私のおやつになりました。

 

栗はひとつひとつ個性があって、似てるうちから崩れてしまうもの、水分が多めのむっちりタイプ、見た目はいいけど虫食いなやつ、栗の風味満点の完璧なやつ。

今日最後に食べた1ケは完璧なやつでした!

 

そのうち、1個だけ傷んでるのがありました(゚Д゚)

渋皮煮って、渋皮を剥かないから傷んでるのとか、プロってどうやって判断してるんだろう?

虫の有無は鬼皮の穴をチェックしたらわからないこともないけど、傷んでるのはどうやって???

 

今回の渋皮煮、レシピはこちらのを参考にしました。

www.kyounoryouri.jp

 

「虫在中」なのがわかってる栗は焼き栗にしました。

f:id:northern_sunny_sky:20171016201652j:plain

魚焼きグリルで10分・・・

ホントはもう10分ほどやった方が良かったんだけど、焦げてきたので出しちゃった。

栗を焼くと香ばしい匂いがして、ドイツ(?)で食べた栗を思い出しました・・・

20年くらい前、ミュンヘンだったかなぁ?街中を歩いてたら栗を焼いてる屋台があって、日本でいうところの天津甘栗みたいな。

これが美味しかったんだわ!

日本の栗とは種類が違うので、和栗を焼けば同じというわけではないけど、少し懐かしかったです。

そんで、焼き栗にすると、渋皮があまり気にならなくなるということも発見しました。

 

というわけで、栗三昧な週末でした。

来週末は茹で栗かな~♪

 

 

最近のおやつの話

データにおやつの写真がたまってきたので、おやつの報告をいたします。

 

こちらは、「ムッシェンケーキ」

f:id:northern_sunny_sky:20171016192705j:plain

いちまるの菓子パンコーナーに置いてありました。

レトロな見た目に、シンプルな包装、デザイン。

味もシンプルそうで、甘食みたいなもんかなー?ということで、買ってみました。

1個81円。

f:id:northern_sunny_sky:20171016192930j:plain

遠軽のお菓子屋さんなんだねぇ。

遠路はるばる、おこしやす。

味はシンプルな・・・甘食よりもふんわりしてる感じの、おいしかったけれど、どんな味かと詳細を求められると・・・「失念しました」。

とにかく、包装とそのデザインと、商品の見た目が昭和で良いです。

 

次は、これ。

f:id:northern_sunny_sky:20171016193132j:plain

ローソンで買った「マカロン(和栗&ピスタチオ)」

いい値段しますなぁ。

いい値段する割に、和栗感もピスタチオ感も控えめすぎるというか、なんかあんまり味わいはなく。

カロンて高いものだけど、このマカロンは、マカロンにしては安かったからなぁ。

コンビニマカロンでピスタチオ感ないとか、文句も言えまい。

f:id:northern_sunny_sky:20171016193137j:plain

食感は良かったんだけど。

 

お次は、こちら。

f:id:northern_sunny_sky:20171016193422j:plain

柏からやってきたマドレーヌ。

柏キャラに、ワニがいたというのは初耳・初味でした。

これに加えて、パンを4つも送ってくださいました。

郵便局レターパックからパンがいっぱい出てきまして、「レターパックやるな!」という感じです。

 

ラストはこれ。

f:id:northern_sunny_sky:20171016193659j:plain

ソーンパプリです。

夏に上京したときに買ってきたもの。

いくらしたか忘れました・・・

直径5cmのソーンパプリが4つ入ってるものです。

自作のチキンマライティカでランチをした日に、ダールで買ったスパイスでチャイを作り、それと一緒におやつにしました。インドな日。

 

実は、これのほかに、ココナッツフレーバーのソーンパプリもあるんだな~。

しかもちょっとサイズが大きい。

しかし、ソーンパプリは一度開封すると早めに食べないといけません。湿気てしまうと、ソーンパプリの魅力は9割減です。

なので、開封するのはまだ少し先。

 

というわけで、最近のおやつの話でした!

 

10月三連休のつぶやき

10月の三連休です。

 

特に何をするでもなく、ダラダラ映画を見ていたら2日分の休みがあっという間に消化されてしまいました。

ほんとに、ダラダラっちゅーのはどないなの。

 

ちなみに、2日分の休みのうちに、前々から頼まれていた仕事を納めました!!

それが一番達成感☆

納めたことだし、明日あたり、ぬかびらで温泉でも入ってくるかなぁ~。

この仕事の成果はそのうちアップされることでしょう。

ちなみに、報酬のない仕事を納めたモチベーションは、「ゲーム」ですw

楽しみだな~♪

ゲームの勝者のための賞品も考えておかなければ。

 

先日、来勝者がおられましたので、平和園にいきました。

f:id:northern_sunny_sky:20171008213238j:plain

平和園のカルビクッパは、かつてハマった有楽苑のスープを彷彿とさせる韓国リアル感がある。とても好きですが、焼肉は白いご飯と食べたい!という気持ちもあって、悩むところだなぁ・・・ということを、この写真を見ながら思い出しました。

そういえば、このあと、あさひやも行きました。

同じ通りだし、ついでに・・・っていう距離でもないけどw

 

10月に入って、いよいよ気温が下がっております。

もういつ点灯式を行ってもおかしくないわけですが、なんとなく我慢しております。

そう簡単に行えないように、ストーブの上は物置状態ですが。

 

最近観た映画

「レボリューショナリーロード」

 タイタニックと同じキャストだなぁってのが面白かった。キャストだけ見てたら、Titanicが沈まないでJackとRoseがアメリカに行けてたらこんなんだったかな、とか思ったり。でも、最終的にすごい不安感が残る映画でしたけど。

 

「アジャストメント」

マットデイモンに政治家役させて、走らせて、恋させたらウケるかな?的な。オチもひどいし、残念な映画。マットデイモンはナイスガイだけど。

イエスマンのセミナー講師が出てきた。

 

ゴッドファーザー Ⅰ、partⅡ,partⅢ,」

やっぱ名作だなぁ。なんだろね、この有無を言わさぬ重厚感。

マーロンブランド、ステキ。

この映画のキャストを日本人に置き換えたら・・・

マーロンブランドは三國連太郎だと思う。思う?

三國連太郎じゃあいい人すぎるかなー?

そして、アルパチーノ、イケメン。

顔の造りが木村拓哉ぽい。ただ、キムタクの顔からニヤケ成分、甘い成分、自意識を抜いて、血の気を足し、さらに人を殺しても平常心な精神力を足さなきゃダメだけど。

 

あ、マーロンブランドの役が三國連太郎なら、アルパチーノは佐藤浩市がいいな。

 

そして、ゴッドファーザーを見て、マフィアが生まれ、マフィアが必要とされる環境というものについて考えたりした。

 

風と共に去りぬ

今回見て、クラークゲーブルってこんなにカッコよかったんだ!!と思いました。

この映画は、小学生低学年の時から見てて、映画の印象が私が歳をとるにつれ変わっていくのが面白いなと思いました。

 

<ひとケタ年代>

「スカーレットが最後置いていかれて話が終わってしまい、不安」

「アシュレーは振り向いてくれないし、やさしいメラニーは死ぬし、ダンナには置いていかれるし、屋敷は暗いし、スカーレットはわがまま」

<20代>

「置いていかれたのにすぐ立ち直れるスカーレット、強し!」

「土地に対する愛情を持っていることがカッコイイ」

レットバトラーは自由奔放ないい加減男」

<30代・いま>

「じゃじゃ馬・スカーレットを操りつつ、たまに嫉妬するレットバトラーかっこかわええ」

「スカーレットの生きる力は尋常じゃない」

 

というわけで、歳とると、視点が変わる。

いま現在は、「クラークゲーブル、かっこいい~(*´ω`*)」

f:id:northern_sunny_sky:20171008222214j:plain

若い頃でも晩年のでもなくて、風と共に去りぬをやってる頃のがちょうどいい。

眩しそうな顔したり、眉をひそめたり、片眉をあげて世間も人もナメた感じで話すのとか、超かっこいい♪

 

そんな平和な三連休です。

NHK受信料と放送法

うちはテレビがない。

北海道に移住した時からなので、もう2年半になりますか。

 

でも、ずっとNHK受信料(地上波)を払ってきました。
なぜかというと、ワンセグ付き携帯を持っているから、それが「受信設備」に該当するというNHKの主張による。

 

これまであったNHKとの訴訟を注視してきたけど、不利な展開。

っちゅーか、出来レースなのか裏取引なのか、社会的混乱を避けるためだけの結論の出し方っぽい。

 

話が逸れた。

確かに、ワンセグは受信設備。ワンセグ機能がないケータイもあるんだから、ワンセグ付き携帯を持つという選択をする以上、致し方ない。

そう、私は、受信料を払ってNHKの番組が見られるんなら文句は言わない。

しかし、そのワンセグ、うちの場合は家のどこにいても電波状況が悪くてまともに見れません。


なのに支払っている・・・。むむむ。


番組がちゃんと見られる状況なら、たとえ40mm×72mmの極小画面であっても、払いましょう。

でも、見られない。

詐欺や!

 

っていう話を先日知り合いにしたところ、その状況は違法だという見解をもらったw

マジ?と思って調べてみた。

 

どんな法があるのかと思ったら、たぶんこれ(↓)

 

放送法 第十五条

協会は、公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送(国内放送である基幹放送をいう。以下同じ。)を行うとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い、あわせて国際放送及び協会国際衛星放送を行うことを目的とする

 

 

・・・ということらしいので、受信料を支払わせるなら、受信できるようにしてください。

 

最終手段、ワンセグ携帯を手放すことも検討中。

(けどスマホはやだし、かんたんケータイにもしたくないorz)

 

どうしたものやら~

 

 

晩秋

先日、例年通り、ガーデンパーティに参加してきました!

f:id:northern_sunny_sky:20171003180652j:plain

今年はタンドリーチキンとチキンマライティカを自作持参!

(なんということか、自作の写真を撮り忘れた・・・orz)

タンドリーチキンは上々。

ただ、もうちょっとかっこいいお皿に入れるとか、演出も大事かな、と。

 

ガーデンパーティの日は、雨降ったことない。

今年もすごく天気が良かった!

秋晴れ!

 

豊西牛5kgとか!

f:id:northern_sunny_sky:20171003180752j:plain

Oさんに焼いてもらうと、おいしく感じる。

 

さんま、豚肉巻き、ポテサラ、キャロットケーキ的なの、サラダ、コンポート、パン、ポテトグラタン、野菜いろいろ、フルーツいろいろ・・・

 

1年ぶりに会う人もいます。

お喋りしたり、食べたり、食べたり、お喋りしたり・・・

 

このイベントが終わると、秋も速足。

今日も帰宅するときの風が冷たい!

冬はもうすぐそこですなぁ。

  

f:id:northern_sunny_sky:20171003181553p:plain

最低気温がひとケタになってるもの。

 

今年の点灯式はいつになるかしらん。

あと2週間くらいは我慢したいところ。

 

 

死んで勝ち組「必死剣鳥刺し」

先日、「必死剣 鳥刺し」という、焼きとり屋さんのような名前の邦画を見ました。

豊川悦司が出てて、あらすじに「海坂藩」ってあったので、藤沢周平だ~♪と思って期待して観はじめたわけです。

f:id:northern_sunny_sky:20171001204945j:plain

 

しかし、終始、違和感を感じざるをえない。

そんな映画でした。

 

まず、豊川悦司が連子っていう殿の側室を殺めるシーンが出てくる。その後、殺めるに至った理由と思われるエピソードが、いろいろな人の立場・視点・価値観で出てくる。

なるほど、豊川悦司は藩にとって連子が災いの元になると判断して、自らも死ぬ気で殿の側室・連子を殺めたということか・・・。

 

違和感があったのは、そのエピソードなんだよね。

どの人も、殿の寵愛をいいことに着物やら遊びやら贅沢三昧する女、藩の政治にまで口出す女、財政に口を出して勘定方に切腹を申し付けた女って感じで、とにかく悪女っぷりをエピソードで紹介しているわけです。

みんな「あの女さえいなければ」って感じですよ。

確かに、財政緊迫の中、こんな女は市民のお手本にはならないし、時代に合わない女ですよ。映画を見てる視聴者だって、バカ女ってのはわかりますよ。

でもね。

私はひとこと言いたい。

そんな悪女が図に乗るような状態、連子を贔屓しているのは誰なのさってね。

悪女も単品ではそんな権限を持たないはず。

結局、原因はバカ殿の頭の悪さ故でしょうが。

それをあたかもすべて悪女が悪い、というような流れが気に入らない。

悪女を切ったって、それは臭いものに蓋。

臭いの原因そのものはバカ殿なんだから。

 

というわけで、藤沢周平が原作の映画はたいがいしんみり好きなのが多いんだけど、この鳥刺しだけは終始納得がいかないまま、エンディング。

 

連子だけが悪者ってのも納得いかないし、海坂藩の唯一まともそうな武士・吉川晃司も頭に血が上って自滅行為に及ぶし、最後は豊悦が必死剣で家老にブスッとやってくれたけど、諸悪の根源・バカ殿は生きてるし、こりゃこんなバカ殿が治める藩で生きるよりも、ここで死ねた人の方が勝ちかもしれない。。。そんなことを思う映画でした。

 

海坂藩はフィクションだけど、こんな治世の学も才能ない、血筋だけで居座るバカ殿がいる藩はいっぱいあったことでしょう・・・

江戸時代に生まれなくて、ホントに良かった。

 

秋を満喫するには。

北海道の夏は駆け足だけど、秋も駆け足。

うかうかしていると、あっという間に、本当にあっっっという間に紅葉が終わって、初冬に突入する。

 

大雪山系が紅葉するぞ、紅葉したぞ、というニュースが入ると、急がなきゃいけないのが銀泉台・高原沼のハイキング。

ちゅーか、この時期に紅葉するのはわかってるんだから、早くに計画立てておけばいいんだけど、だいたい紅葉したぞという情報が入ってから慌てるダメなやつw

今年で言えば、16日(土)からの三連休か、23日からの土日しかチャンスがない。(来年は金曜に有休取って平日に行くのもアリか)

昨日の夜、高原沼行きを思い付き、朝10時までに大雪レイクサイトの駐車場に行けば車を停めてシャトルバスに乗れるか!?という大雑把な計画で、あとは起床時の気分次第で決行するか考えようと、就寝。

 

6時過ぎに目が覚めて、層雲峡の天気も良さそうだとわかり、こりゃ行くしかない!と。

温泉道具、洗顔道具、着替え、水、おにぎり、重ね着用の上着、熊鈴を急いでパッキングして、出発!

道中曇天。雨も降ってる。

家からレイクサイトまで2時間半。

途中コンビニにも寄るし、トイレ休憩もしたいし、急ぎたいところ。

 

長靴を忘れたことに気づいたのが、音更。

・・・ま、運動靴で行けるところまで行ければいっか。

 

ガソリン残量が少し気になったけど、4メモリあれば大丈夫でしょ、と。

満タンで出発したときも、根室まで往復するのに少し足りないってくらいの燃費だし、と・・・。

 

ところが、ガソリン残量が音更を抜けた段階で、3メモリになり・・・

ガソリンスタンドに寄れば良かったんだけどね。

なるべく早くレイクサイトに付きたかったというのもあって・・・

いやいや、三国峠まで3メモリ維持できたら帰路はガス欠にはならないだろうと踏み、そのまま向かうも・・・

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923213927j:plain

木々がいい色している。

 

なんと、三国峠までの登り坂で消費したのか、三国峠を目前にして、3メモリを切ってしまった!!!!!

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923214158j:plain

とりあえず、三国峠には着いた。

 

・・・しかし、いやな予感がする。

三国峠を越えてからレイクサイトまでの距離感持ってないし。

レイクサイト付近で渋滞に巻き込まれてもいやだし。

このまま決行して山道でガス欠するなんて、危機管理なさすぎだし。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923214240j:plain

f:id:northern_sunny_sky:20170923214306j:plain

高原沼散策っていう予測不可能な自然の中に入るっちゅー不安要素の多いこの後の道のりに、帰り道のガス欠の心配をしながらっていう不安要素まで加えたくないと思いまして、紅葉はすっぱりあきらめた。

これでケガしたりするのは、悔いが残る。

我ながらの、英断。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923214707j:plain

超えられなかったトンネル、の図。

 

秋を満喫するには、穴のない計画性と周到な準備が必要なのだと反省したのでした。

軽やかしぼり

ここのところ、映画三昧。

邦画、洋画、なんでもござれ。

洋画は字幕で見ていて、でもなるだけ英語を聞いてジブンなりに翻訳しながら1日2本~3本のペースでほぼ毎日見ていたら、脳の言葉を司る部分が影響を受けたのか、こんがらがってきて、喋るのが下手になったw

かと言って、英語がしゃべりやすくなったわけでもないw

 

先日、釣りバカの最終回を見つけたので、見てみた。

f:id:northern_sunny_sky:20170923211756j:plain

三國連太郎老いたなぁ(さみしい)と思いつつ。

老いたなぁっていうか、亡くなってしまったわけだけれど。

最終回の舞台は北海道・中標津がメイン。

獣医の吹石一恵が、中標津酪農家と結婚するっちゅー話が付随。

養老牛が出てきたりして「お!」とな。

スーさんと浜ちゃんが風呂上がりとか宿で牛乳を飲んでるシーンがあって、そこが気になった。

だって、よつ葉の軽やかしぼり飲んでるんだもん。

軽やかしぼりは十勝でしょ。

中標津で飲むなら、根釧のメーカーにするとか、せめてよつ葉でも北海道根釧牛乳にしないと。

 

ちなみに、軽やかしぼりは現在秋仕様パッケージになっております。

f:id:northern_sunny_sky:20170923211022j:plain

ステキ♪

北海道にきて、せっかくだからと色んな牛乳を飲んできましたが、私はよつ葉が好き。よつ葉が家の冷蔵庫に入ってる毎日が、これを普段使いにできている毎日が、贅沢だと思う。

軽やかしぼりが常用。

さらに贅沢な気分にしたいときは、特選。

脂肪分が気になる時は低脂肪。

生産者限定とかフレーバーありの牛乳は、まだ買ったことないなぁ。

そのうち飲んでみよう♪

 

双葉幼稚園

渡道してきたばかりの春、移動手段がチャリしかなかったけど、あちこちドライブしてました。

その時の記録(↓)

northern-sunny-sky.hatenadiary.jp

双葉幼稚園を見つけた時のことも書いてました。

 

先日、ゆの人より、この双葉幼稚園を9月の連休中に公開するとの情報をゲット!

台風一過の月曜日、車で行ってきました。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923202140j:plain

やったー☆\(^o^)/

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923201944j:plain

おぉー。門が開いている!

中に入れる!

 

建物に入ると、八角形のホールになります。

f:id:northern_sunny_sky:20170923202033j:plain

 

ライトは後付けなんだって。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923202045j:plain

窓からの光が白い壁にあたって、光を増幅している。

だから、暗い感じはしない。

子どもたちは明るい時間にしか幼稚園にいなかっただろうけど、先生たちは残業もあったでしょうに。

天気の悪い日もあってでしょうに。

暗くなかったのかなぁ?

 

あと、昔はこの天窓も紐で開け閉めしていたらしんだけど、いまは二重窓をはめ込んでいるんだって。でも昔の状態にいつでも戻せるような維持・修復なんだって。

 

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923202104j:plain

このホールの雰囲気を作り出している・・・鴨居?

実際鴨居だった時期もあったらしいんだけど、こんな飾りのアーチに変えたらしい。

いいねぇ、いいねぇ。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923202121j:plain

3つあった保育室の窓のひとつ。

ガラスがよれよれしてるのもある。

いまいちこの写真じゃわからないんだけど・・・

昔ながらの、均一な、マットじゃないやつ。それがまたイイのさ。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923203205j:plain

青写真。

これ見てもよくわかんないんだけど、青写真は美大時代に作ったことあったなぁ。

築100年近い建物をこんだけきれいに残すというのは、お金がかかることだなぁ、と。

5年前まで現役だったってのもすごいけど。

 

他にも、帯広市で調査研究対象になっている古い建物の資料も展示されてました。

うひょー♪

f:id:northern_sunny_sky:20170923203321j:plain

でも、野口病院って取り壊されたはず。

なんてもったいないことをしてくれたのだと思ったものです。本当に残念。

確か野口病院の近所に、イイ感じの民家があった気がする。誰か住んでそうだったから、写真は撮れなかったけど。

あーあ。

野口病院は残すべきでしたよ。もう。お金かかるんだけどね。

 

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923203331j:plain

これは六花亭が引き取ったという、銭湯だった建物。

いまは中札内美術村に移築されて、美術館になっている。有効活用!

でも、銭湯といえば市内にオンボロの状態で残っている櫻湯も捨て難し。

その記録はここの展示資料にはなかったけど。

 

電信通りで十勝ベーグルが入ってた建物の調査書もあったし、ナントカ商店っていう六花亭がサロンとして引き取ってるレンガ造の建物の調査書もありました。

こうしてみると、六花亭は帯広に貢献していると思ふ。

 

ほかにも、初代の椅子。

f:id:northern_sunny_sky:20170923203347j:plain

全部入れ替えるとかしないで、古いものでも使えるものは、残していたんだ。

 

ある部屋の天井。

f:id:northern_sunny_sky:20170923203401j:plain

雨漏りしてるみたいで、傷んでる。

 

ほかにも、トイレとか調理場とか手洗い場とか、オルガンも現役で、来訪者が弾いてくれたり。保育室にある当時の遊具も展示されていたり。

そういえば、フレーベルの教育論がベースにあったとのことで、遊具は「恩物」。短大時代の教育課程が思い出されました。

 

大変有意義な時間でした。

無料とはいえ、これだけのものを見させてもらって何も出さないで帰るわけにはいかない。ほんの少しだけど、寄付をして帰ってきました。

 

市内の建物群・建物跡地をめぐるツアーとかしてくれたらなぁ。

絶対参加するんだけどなぁ。

 

 

これはスイーツの話

春と秋の六花亭・おやつ屋さんは、ぼたもち・おはぎ。

ひさびさ予約したら、100円値上がりしてまして、600円になってました。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923200624j:plain

今回は5個全部おいしかった。

私はくるみが結構好き。

でも、このくるみを食べてたら、五平餅が食べたくなり、その延長でケンパンの味噌ナッツベーグルが食べたくなった。

こういう時、私の味覚のベースは愛知県なんだと思うね。

 

三度目の愛菜屋。

f:id:northern_sunny_sky:20170923200642j:plain

キャンベラとホワイトショコラ、ピーターコーンを買いました。

今回は少なめの本数で。

ピーターは主流なので、やっぱ主流も食べておこう、ということで。

白粒種も一度食べてみたかったし。

そんで、この2種は圧倒的に甘くて、甘すぎて、量が食べられないw

私はキャンベラくらいの甘さがちょうどいい。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923200656j:plain

それにしても、とうきびは美しい!

 

明日、今期最後のとうきびを買いに行こう!

飽きるくらい食べてるけど、今度会えるのは1年後かと思うと、さみしいわぁ。

 

 

とうきび、ふたたび

2度目の愛菜屋。

かぼちゃも少し出て始めてました。

 

f:id:northern_sunny_sky:20170923200135j:plain

 

お目当ては、キャンベラ。

f:id:northern_sunny_sky:20170923200152j:plain

 

ほかにも、「あまいんです」「ティガⅡ」買いました。

これ、皮むくのが結構大変。

f:id:northern_sunny_sky:20170923200203j:plain

 

3種類買って茹でた!

こんだけの本数になると、ひと仕事。

f:id:northern_sunny_sky:20170923200227j:plain

私はやっぱりキャンベラがベスト!

キャンベラ好きならば「ハニーバンタム」もなかなかイケる?という噂。

けど、あんまり見ないんだよなぁ。